ホーム >>動画編集ソフト>> VLC media player

VLC media player

フリーウェア
Product by VideoLAN

ユーザーによる評価 :
エディターによる評価 :

Recuvaをダウンロードする
Sponsored link

VLC media playerは無料で利用できるマルチメディアプレーヤーです。
多彩なこーデックを内蔵しており、どのような形式の動画ファイルであっても再生できる機能があります。
また、DVD、CD、VCDなど、さまざまなストリーミングプロトコルを再生可能

さらに、データが一部欠損していてもデータ補間機能により何ら問題なく再生可能。
この機能を利用し、データ障害が発生した動画ファイルを修復させることも出来ます。


  • 対応OS:Windows 2000以降、Mac OSX、Linux等
  • ソフト配布先:VideoLAN

VLC media playerのインストール

VLC media playerはWindowsやMac、Linuxなど多くのプラットフォームで利用できます。
ソフトをダウンロードする際は、必ず利用するOSに対応したバージョンをダウンロードしましょう。

ダウンロード「VLCのダウンロード」ボタンをクリックすると「vlc-2.2.1-win32」と言うファイル名でダウンロードされます。
(ダウンロードバージョンによってファイル名は異なります。)
ダウンロードファイルをダブルクリックし、インストールを実行します

インストールが実行されると、まず言語選択ウィンドウが表示されます。
自動で言語が選択されるので日本語(japanese)を確認したら「OK」をクリックします。

日本語でセットアップウィザードが実行されます。
「次へ」をクリックしましょう。


ライセンスの権利についてです。
フリーソフトなので個人用途で使うなら特に読まなくても問題ありません。
「次へ」をクリックしましょう

インストールするコンポーネントの選択画面です。
自動的に必要なコンポーネントは選択された状態になります。
一通り確認し、不要と思われるものについては、任意にチェックを外してください。

VLCのインストール先を選択します。
これも自動的に最適なインストールフォルダが指定されていますので、特に変更する必要はありません。
そのまま「インストール」ボタンを押しましょう

セットアップ画面になります。
インストールが終了するまでしばらく待ちましょう。

以上でVLCのインストールは終了です。
「完了」をクリックします。

自動的にソフトが起動します。
再生したい動画をこの画面にドラッグするだけで再生出来ます。
上部のツールバーからエフェクトや字幕など様々な設定が可能です。
動画を再生させながら色々操作してみましょう。

Sponsored Link

Windows version

Windows XP SP2, 2003 SP2, Vista SP1, 2008 SP1, 7, 8, 8.1 and 10